子宮頸がん検診にひっかかった!

たまたま受けた検診で高度異形成を通り越して浸潤がんの疑い!さてどうなる?記録用ブログ


田舎の空き家を処分!手順と費用は?【体験談①】

空き家の維持にどれくらいのお金がかかるか知っていますか?

f:id:crescentmoon7:20190730200528p:plain

うちは年間20万円ほどかけて夫の実家を維持していました。

思い出の家をバッサリと処分するのは覚悟がいるので、のこしておきたい気持ちもわからなくもないのですが・・・。こう費用がかかるとなかなかむずかしいですね。

どのような形で維持をしているかにもよりますが、月1ペースで人が来ることがあるのでライフラインはそのままにしてあります。

念のための火災保険にも入っています。

燃やされてしまったら元も子もないですからね。

NTTは解約しましたが、それ以外は基本維持という状態での年20万円です。

詳しい内訳をみてみましょう。

  • 水道 3100円×12か月=37200円
  • ガス 2000円×12か月=24000円
  • 電気 2000円×12か月=24000円
  • 保険 7500円×12か月=90000円
  • 固定資産税 23000円

合計198200円

 

結構大きいですよね!

光熱費はほぼ基本料金レベルです。

水なんかは地域によってだいぶ料金が違いますが、この地域ではこれが最安のようです。

使ってないのに2か月に1回6000円超えの請求がくるのはダメージです。

止めればいいのですが、来る人がいるので・・・。

うーんもったいない。

この調子で維持しつづけると5年100万円さようならです。

逆に考えればこの家がなければ5年で100万円が貯められるということですね。

・・・・そっちのほうがいいやんけ。

ということで夫と話し合って処分することにしました。

 

まずは見積もりをお願いします。

都会ならいろいろあるんでしょうが、ここは超田舎・・・。

選べるほどの業者がありません。

それに取り引き方法もまだ決まってないんですよね。

方法としては、、

  • 業者に現状のままでそのまま買い取ってもらう
  • 不動産屋に仲介を委託する

の、2パターンになるかなと思うのですがどっちもそれなりのメリットとデメリットがあります。

 

まず、業者に買い取ってもらうパターン。

メリット

  • 契約が決まり次第すぐに手離して現金化が可能(好きな時に手離せる)
  • 処分やリノベーションにかかる費用も相殺して対応してくれるので手間がかからない。

デメリット

  • 家の状態によっては査定額が低くなって仲介よりも手残り金額が安くなることがある。

 

次に不動産屋に仲介を委託するパターン。

メリット

  • 希望価格で販売できる(業者買い取りの場合より高く売ることができる)

デメリット

  • 買い手が決まるまでの維持管理は自分たちで続けなければいけない。
  • 不用品の片づけを自分たちで考えなければならない。

 

しばらく考えることにしました。

家はナマモノなので、こうして考えている間にもどんどん老朽化していきます。

そして人が住んでない家はびっくりするぐらい痛みが早い。

痛めば痛むほど、業者さんや不動産屋さんの印象も悪くなってしまいます。

 

今回の記事はわたし自身の病気とは関係ありませんが、夫の母は病気による急逝でした。亡くなるその日まで元気だったんです。わたしも夫も夫の母の友人も、だれもが「まさか!?」という感じでした。

なのでほんとうにバタバタしました。

このたび家を手離すことになりましたが、おかあさんはどう思っているのか。ここは聞いておきたかったなと思っています。

世間では「終活」という言葉もよく耳にしますが、「空き家になったらどうするか」は、いざという時がくる前に、一度話し合っておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 処分した際にはまた②で続報を書きたいと思います。

 

 

★読んでくださりありがとうございました★

☆よろしければ応援クリックをおねがいします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ